TEAR AID BOX

TEAR AID BOX
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
販売価格 (税込) 3,900 円
会員価格 (税込) ログイン
ポイント 117 Pt

TEAR AID(テアエイド)ボックス(約152.5cm x 8cm)。このテープがあればカイトの大部分が修理出来ます。高い金額を払っての修理や交換チューブはもう必要ありません。カイトボーディングジャパンではTEAR AIDを半年にわたりテストしました。一度カイトに貼ったら絶対に剥がれません。またパッチの色が透明に近いので今までのようにカイトの色に合わせて修理テープを探す必要もありません。しかも粘着力が強いためカイトの片面だけに貼れば十分。伸縮性があるので今まで修理不可能だったブラダーも簡単に修理出来ます。大きな破れ、繋ぎ目の近く、注入口近くの穴等にも問題ありません。常時カイトバッグや車の中に置いておけばいつでもどんな場所でも修理が出来、大変便利です。もちろんカイトトリップには必須!使い方はとても簡単でボックスに入っているアルコールパッチで修理したい箇所の汚れを拭き取り、貼るだけです。テープの長さは150cmですが半分の幅に切れば300cmの裂け目の修理も出来ます。

この工業用強力テープは伸縮性、防水性に優れ、湿気、塩水、紫外線、温度差に非常に強い造りとなっています。ペンを突き刺しても穴が開きません。

一巻きになっているため、修理箇所が長い範囲にわたる時などは特に便利。

カイトの修理以外に、浮き輪やゴムボートの修理にも最適!

TEAR AIDを使ったチューブの修理方法

1. 破れた部分の周辺を綺麗に拭きます。
2. 破れた箇所をハサミで切り取ります。
3. そのままパッチを貼るとチューブの反対面にくっ付いてしまうので、チューブの内側にいらなくなったチューブやビニール袋の端切れ等を入れておきます。端切れは穴よりも大きめに切っておきましょう。修理後まだ空気が漏れているようであれば重ねてパッチして下さい。

※TEAR AIDは粘着力が非常に強いので貼り直しは出来ません

TEAR AIDを使ったパネルの修理方法

1. こんな大きな破れもTEAR AIDの1キットで簡単に修理出来ます。まずアルコールパッドで汚れを拭き取ります。
2. 綺麗に張るように生地を合わせてカイトの外側(表面)に梱包用等のテープを張って下さい。(粘着力の弱いテープでしたら何でも結構です)。
3. TEAR AIDキットの一番大きなパッチを半分に切ります。ほとんどの破れは片面に貼れば十分ですので内側(裏面)に貼った方が仕上りが綺麗です。この例では3箇所に重ねて貼りました。
4. 修理箇所の生地の色は3色に渡っていますが外側から見るとほとんど見えません。
赤線部分が修理箇所です。

関連商品

ダクロンテープ

ダクロンテープ

販売価格 (税込) 1,620 円