KITEBOARDING Q & A

カイトボーディングは独学で始められますか?

カイトボーディングの知識があれば決して危険なスポーツではありませんが技術の習得、安全に関する知識など全てを含めスクールを受講されることが上達への一番の近道です。スキューバダイビングを例にとると道具を買ってご自分で潜ってみる方はいらっしゃらないと思います。やはり講習を受けないと非常に危険ですね。カイトボーディングも同じです!しかし他のスポーツとは違ってカイトボーディングは他人に怪我をさせてしまう可能性がありますので、ご自分のためだけではなく海やビーチにいる他の方のためにもスクールを受けましょう!そのためKITEBOARDING JAPANではカイトの経験又はスクールを受講された経験のある方を対象に道具を販売させていただいております。

マリンスポーツの経験がないのですが、始められますか?

はい。男女問わずどなたでも始められます。逆にボードスポーツ未経験者の方は癖がないので素直に覚えて頂けます!

カイト道具一式そろえるといくらぐらいかかりますか?

メーカー、年式、新品又は中古によって異なりますが、最新モデルで一式だいたい30万円です。弊社が代理店となり直輸入しているブランドですと一式20万円台になります。型落ちや中古の場合10万円台で揃えていただくことも出来ます。

スクールは何回ぐらい受ければ乗れるようになりますか?

一日で乗れる方もいらっしゃいますが、カイトをうまく安全に操るためとカイトボーディングの重要知識を覚えるためには2回~3回ほど受けられることをおすすめします。

カイトボーディングにウエイクボードの板は使えますか?

はい、使えます。サーフボードでも、スキムボードでも!ただし当然ながらウエイクボードの板はウエイクボードの為にデザインされているものです。特に初心者にはカイトボーディング用にデザインされているカイトボードの方が倍に乗りやすいです。

カイトボーディングを始めるにはどんなサイズのカイトとボードが良いですか?

これは簡単にお答えするのは非常に難しいです。ご自分の体重と、ご自分が練習されるゲレンデの風域によって異なります。一つ言えることは初心者は大きめのボードと小さめのカイトがベストです。最初から小さめのボードに乗りたいという初心者のお気持ちはよく分かりますがボードを小さくするにはカイトにもっとパワーが必要となります。ということはカイトを大きくしないといけません。しかし大きいカイトは非常にパワーがあり経験の浅い方には少し危ないでしょう。また大きいカイトは海に落とすと再び上げるのにもっと技術が必要となります。最初から適切な道具を選ばないと上達するまでに時間がかかり、ストレスが溜まるだけです。適切な道具は人それぞれ異なりますのでお尋ね下さい。